Office 2008 Service Pack 2 (12.2.0)

 旧来のコンピューターユーザーとして、あまりMacにOfficeは入れたくない(同様にWin機にAdobe製品は入れたくない)のだが、文書のやり取り等、やむにやまれぬ必要性はあるので、やはり、ここはひとつ、という感じで入れてある。
 しかしよく使うのはエクセルぐらいで、パワポとワードはHDの肥やしと化していた。
(......ちなみにアントラージュは、混乱するのでインストールさえ自粛しています)
 パワポは、ライバルのキィノートがかなり出来が良いので出番がなかなかないという消極的な理由なのだが、ワードの方は長文を入れるとレスポンスが激重になるというかなり深刻な問題があるのだった。いずれにしても、あまりほとんど使う機会はなく、たまにワードの文書を閲覧する程度。なので、放置しても良さそうなものだが、そこはそれ、アプリオタクと言うか、アップデーターが出るたびに律儀にアップデートしている自分なのだった。
 最近、Office2008に、SP2が出た。普段は、バグフィックスになんで"サービス"パックという名前を使うのかとぶつぶつ言うぐらいなのだが、今回のは、例のグーグルドキュメントに対抗したなんとかドキュメント?が機能的に増えるので、まぁちゃんとサービスパックだよなとか言いつつアップデート。んで、例によって暫く放置していたのだが、何かの機会に開いたエクセルのレスポンスが妙によい。やればでいるじゃないかMS。ひょっとしてと思ってワードを立ち上げたら、入力が重くない!
 まぁ、エクセルはレスポンスがよいからといって用途が増えるということはなく単に嬉しい程度だったのだが、ワードは一気に株を上げた。元々、機能が多くて(Mac版は)激重ということが売りの?ソフトだったのが、かなりの軽快さを併せ持つことになったので、使う場面は多い。今までは重くて使えなかったのである。
 まぁレイアウトと長文の方はやはりアレであるが、普段の細々したノート作成等に、かなり便利に使えるのではないかと思う。(アウトラインとイメージの貼り付けと表作成と声の録音とその他諸々がひとつの書類でできるのはやはり画期的なのではある)

 それにしても、やはりEGWORDは素晴らしかったな......。早く復活させてください→物書堂さん!

同じカテゴリの記事





for iPhone

カテゴリ一覧

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.23-ja