ディ・ウォーズ

 お話は噴飯もので、かなり笑える。でもまぁ、制作者もストーリーを語りたかったのではなく、単にニューヨークでドラゴンたちが暴れる姿を描きたかったのだろう。(私もどちらかというとCGへの関心でここら辺の作品は観ているのだし......) 非常に時間をかけたということで、確かに怪獣CG映画としては良くできている。残念ながら、そのCGも、製作に何年という時間をかけてしまったので、色味が古くさいことは否定できない。グローバルイルミネーション系の描画がゼロで、これは逆に昨今では珍しいぐらいの絵作りになっている。つまり、レンダリング系が弱いのだった。
 最後に登場するドラゴンが、いわゆる東洋系の鼻毛が長く伸びたタイプなのだが、これは出色だった。多分、今までこのぐらいのレベルで東洋系ドラゴンを作ったCGは無かったと思う。鼻毛が動きすぎるのが気になるぐらいで、イメージが、本当にそのままなのだ。東洋ドラゴン(っていうか、龍だね)をやる場合は、これからはこの作品が一つの目安になるだろう、というぐらいの出来。
 ということで、返す返すも話がいい加減?だったのが惜しまれます。

同じカテゴリの記事





for iPhone

カテゴリ一覧

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.23-ja