トップページへ

灰夜 新宿鮫Ⅶ

只者舎-P3s- » BOOKS » 大沢在昌 » 灰夜 新宿鮫Ⅶ

すっかりファンです、新宿鮫の7冊目。しかし前々作あたり、微妙な盛り下がりがあったような気がするが、再び上昇気流? 今回は人質ものです。最初から最後まで人質でひっぱります。

しかし主人公が微妙になんとなく少しだけ青臭い感を醸し出してきているのは、シリーズ長期化の問題点、「キャラクターが説明過多になりすぎる」現象のせいかも知れない。多分これは、


・キャラクターの色々な面を描こうとする

・なので色々説明してしまう


という一種の落とし穴か。気をつけなくては。

たしか最近読んだ本の中に、「(小説の)登場人物は、説明が穴だらけの方がいい。その方が読者が想像してくれる」というのがあったが、これは一面の真実であるのかも知れない。



(光文社文庫)

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ