スターシップ・トゥルーパーズ3

かの超名作『スターシップ・トゥルーパーズ』の孫です。子(2)よりも良かったが、CG的には見る影もない。パワードスーツも出てきたのに......、しくしく。監督は「CG技術が進んで予算が少なくてもここまでできるぜ」とか言っているのだが、これは宣伝文句か、あるいは本当のバカなのか......。改めて第一作を思うとレベルの高さに目眩がする程である。

というわけで、CG方面はコメント無しだが、シナリオ的には「確信犯的へんてこりん」さがパワーアップしていてそんなに嫌いではない。未来の大ヒット曲『今日は死に日より』とか最高ですな。


以下、若干ネタバレ

最後に女性登場人物たちが、勘違いから宗教性に目覚めていく、ヴォフォーベン監督の皮肉の目は人間の中の『戦争性』から『宗教性』も視野に納めたようで、方向性は悪くはなかったのだが、残念なのは描写が薄っぺらなのでそれほどの説得力を持てなかったように思う。このテーマをメインディッシュに据えなければ、くすぐり程度に留めておけば、これはなかなかのスマッシュヒットだったのではないかと思うのですが......。

同じカテゴリの記事





for iPhone

カテゴリ一覧

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.23-ja