リジッドボディ

単純なリジッドボディの実例。応用例はとりあえずmayaのリジッドボディ項目を参考のこと。考え方は同じである。(実装はSoftImageの方が早かったように記憶している......、ま、どうでもいいのか)

リジッドボディにするオブジェクトに、フレーム1(例なので、他フレームでもかまわない)で位置キーや回転キーを打つ。

WS000193.JPG





























次にフレーム5(これも任意。アニメーションに必要なだけの長さ)で移動させ、キーを打つ。

WS000194.JPG































メニューからリジッドボディ化(ここでは、フレームを5のままで)

WS000195.JPG















プロパティで、パッシブがoffの状態でキーを打つ。(つまり、5フレームからアクティブ、という意味になる)

WS000196.JPG





















現在フレームを4に戻し、パッシブをonの状態にしてキーを打つ。(つまり、フレーム4までは受動的なリジッドボディになった)

以上で、プレビューすれば勝手に落ちていくオブジェクトが確認できる。

WS000198b.JPG














オブジェクトが衝突するオブジェクトは、(メニューから)パッシブリジッドボディにする。

アクティブなリジッドボディにはフォースの重力を適用する(しないと下に落ちない)

WS000200b.JPG

























各パラメータを調整する。

同じカテゴリの記事

カテゴリ一覧

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.23-ja