スタンドアローン レンダリング

| コメント(0)
★スタンドアロンレンダリング(maya本体を立ち上げないでシーンをレンダリングする。

・メモリとCPUを全面的にレンダリングに使用することが出来る
・バッチファイルを使用し、複数のファイルを順次レンダリングすることが出来る

等の利点がある。)


〖構文〗
C:\"Program Files"\Autodesk\Maya2009\bin\Render.exe [シーンファイルのフルパス] -proj [プロジェクトのフルパス] -r mr

コマンドのパスの"Program Files"(" "が付く)に注意、最後の-r mrは、メンタルレイでレンダリングする場合のみ


■レンダリングしようとするシーンをレンダリング設定する。(すべてをコマンドで設定することも可能だが、とりあえずは)

mayastren00.png

■シーンを保存し、mayaを終了。コマンドプロンプトを立ち上げる。

mayastren01.png

■コマンドプロンプト

mayastren02.png

■エクスポーラー等でmayaプログラムフォルダの中のbinフォルダを探し出し、そのパスをコピーし、コマンドプロンプトに転記する。

※もしくは、コマンドプロンプトでbinフォルダまで移動する。

mayastren04.png

Program Files を " " で括り、文末に ¥Render.exe と入力。.exe は無くても良い。

mayastren05.png

■以下、同様の方法で上の構文に従い必要なフルパスを入力していく。

mayastren06.png
※クリックで拡大

■最後にエンターキーを押すとレンダリングが始まる。

mayastren07.png

★【バッチレンダリング】

■メモ帳、ワードパッド等を使い、上の方法で作成したコマンドを1シーンにつき一行ずつ、並べていく。

mayastren11.png
※クリックで拡大

■作成したテキスト書類を、下図のように、名称を ~.bat の名前で保存する。

mayastren09.png

■出来上がった書類をコマンドプロンプトにドラッグ&ドロップし、エンターキーを押すと一行分ずつレンダリングが実行される。

mayastren10.png

同じカテゴリの記事

コメントする

カテゴリ一覧

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.23-ja