パーティクル_粒子ごとのアニメート

| コメント(1)

パーティクル、もしくはエミッターのアトリビュートにキーを入れると、パーティクル全体としてのキーになる。つまりサイズにキーを入れれば、ある時点で発生した粒子はすべて同じ大きさになり、個々の粒子のサイズは消滅まで変わらない。

個々の粒子のライフスパンの中のアトリビュートをアニメートするには、以下のような手順を。


ex.個々の粒子サイズのアニメート

maya_050602_parPP01.gif
個々の粒子のアトリビュートは、はじめは存在しないので、追加。


maya_050602_parPP02.gif
RadiusPPをAdd

maya_050602_parPP03.gif
追加されたアトリビュート

maya_050602_parPP04.gif
ランプをコネクトする(右クリック)


maya_050602_parPP05.gif
ランプのアトリビュートを表示


maya_050602_parPP06.jpg
ランプアトリビュートを調整


maya_050602_parPP07.jpg
粒子サイズが生成〜消滅の間に変化する。


maya_050602_parPP08.jpg

粒子の最大・最小サイズは、ランプの前についたアレイマッパーで変更する。


maya_050602_parPP09.jpg

透明度や色は、シェーダーにランプを接続することで同様に調整できる。

同じカテゴリの記事

コメント(1)

いつもお世話になっております。前に詰まったことがあるのですがパーティクルの速度をここに制御(具体的には重力に負けてY軸方向の速度が0になるときに)したかったのですが、できませんでした。
こちらのアトリビュートの追加でvelocityPPというものがあればそれに間違いはないのでしょうが見当たりませんでした。
ここの速度または加速度を制御するためにはどのようなアトリビュートを設定すればいいのでしょうか?
ご存知でしたらご回答のほどよろしくお願いいたします。

コメントする

カテゴリ一覧

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.23-ja